まるで English Cucumber!?

Cucumber

カナダのバンクーバーで生活していた時は、2種類のきゅうりを主に食べていました。

日本食スーパーやアジア系スーパーで夏の間だけ出る日本同様に細く味の濃いきゅうりと、どこでも購入できる太くて、肉厚、ちょっと皮も固いEnglish Cucumber。でも太い割には種はほとんどなく、日持ちさせるためか傷を防ぐためか、1本1本柔らかいプラスチックに全身を包まれていました。

小学生向けステップワールドのオリジナル教材に、アメリカのスーパーでお買い物する場面があります。そこで出てくるのが、このEnglish Cucumber.生徒さん達はその大きさと太さに驚きます。が、実物をみた事がないので、イマイチピンときません。
写真のきゅうりは生徒さんのおじいちゃまのお庭から戴いた物です。

マーカーと比べても判るように、普通サイズよりかなり立派で、まっすぐな方で26センチ、弓形の方で32センチもありました。

まるで、English Cucumberと同じ大きさです!

この2本を残し、残りのきゅうりは浅漬けに変身してしまいましたが、これだけは今週ずっと『カナダとかアメリカのきゅうりは日本の物より・・・』の説明に活躍して貰う予定です。



カテゴリー: ブログ, レッスン

コメントする。